目の下のたるみは簡単に予防することが可能である

老け顔を改善するには

微笑んでいる女性

見た目年齢が10歳違う

年齢を重ねると人の肌からはどうしてもハリが失われ、たるみが生じるようになります。この現象は身体のあちこちで起こりますが、美容面から見て最も深刻なのは頬のたるみです。一説によると、頬のたるみがある人とない人では見た目年齢が10歳ほども違うと言われています。頬のたるみは皮膚が弾力を失って垂れ下がってしまうのが主な原因ですが、他にも表情筋の衰えや脂肪の蓄積などによっても起こります。そのため、たるみを解消するにはそれぞれの原因に応じた対策が必要となります。美容外科などの美容クリニックでは、さまざまなたるみ解消法を提供しています。1人1人の状態に応じた最適な治療を行っているので、トラブルを的確に解決してくれるとして人気を集めています。

個々の状態に応じた治療を

頬のたるみはスキンケアやマッサージなどでもある程度の改善は期待できます。しかし注意しなければならないのは、加齢によって衰えた組織は完全に元に戻ることはないということです。これは手足の筋肉や内臓などと変わりません。確実な効果を実感するには、根本的な処置が必要になります。頬のたるみを解消する美容医療として最もよく知られているのが、フェイスリフトです。これは、たるんだ皮膚を切除して頬全体を引っ張り上げるというものです。最近では特殊な糸を埋め込んでリフトアップを図る簡易な方法も導入されています。また、脂肪の蓄積が主な原因となっている場合は、脂肪除去によってたるみを解消することもあります。除去は口の内側から行うので、傷跡が外から目立つことはありません。